News/Newyddion/ニュース


It was with pleasure that Ursula Bartlett, President of the St David's Welsh Society Of Japan presented their donation to Elizabeth Jury and Brittany Wilkins for the Seisen Women's Football Team. The donation had been collected at the St David's Society event showing the film "Don't Take Me Home", which showcased recent Welsh success in the Euro 2016. 

 

A big thank you to all for attending the wonderful event with a special thank you to The Clann for being great hosts. You can view the photos in the photo section of our website.


Tourism Expo 2017 Wales Tourism Seminar - 23-24 Sep 2017


Top 20 beautiful roads in Europe" North Wales is awarded as one of Top 20 "Road of Castles in a country in Wonderland/Wales.

 

Welsh Government will exhibit at E-23 (East 1 hall) in the Europe square for the first time.

 

Followed by Conwy’s success as one of “Top 30 beautiful villages in Europe” awarded in Jun.2015,

“Road of castles in a country of Wonderland/Wales” is now again awarded as “Top 20 beautiful roads in Europe” by JATA in August 2017.

 

Jim Jones, Managing Director of North Wales Tourism, visits Japan to do a presentation about  the newest and improved North Wales as Tourism Direction from Japan at Europe Square of East-1 hall

at Tourism Expo/Tokyo Big Site on Saturday 23th and Sunday 24th of September 2017.

 

Please come to Tourism Expo to meet Jim Jones to cheer him up for his promotion of North Wales.

Admission fee of the Tourism Expo is JPY1,300.

 

Tourism Expo: http://www.t-expo.jp/biz/

 

23rd September(Sat.)24th September(Sun.)2017

U.K. Seminar   13:25 – 14:55 (Wales Tourism Seminar will start at 13:55- 14:55)


Follow us on Instagram!


 

We are now on Instagram! Follow us! @stdavidsjapan

Rydym ni ar Instagram! Dilynwch ni! @stdavidsjapan

インスタやっております!フォローお願いいたします:@stdavidsjapan


Welsh Harp Concert, Tokyo, Dec 18th 2015


Learn about the history of the Welsh Harp and listen to its magical sounds. Also, enjoy listening to Welsh Folk Songs along to the music.


Date: December 18th 2015

Time: 18:30 - 20:00

Place: Asahi Culture Centre, Shinjuku

Access: https://www.asahiculture.jp/shinjuku/access

Price: 4,320 (Members) / 4,968 (Non-Members)


For Japanese Information click on the following link: 

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/ace0e63e-dc17-2a03-1a07-55bc7ffb7466


日本カムリ学会 第22回例会 in 大阪


ウェールズについて広く研究する学会、日本カムリ学会の第22回例会が

下記のとおり、大阪で開催されます。

 

会員でなくても、当日500円お支払いいただければ、参加いただけます。

ご興味がおありの方は、ぜひ、ご参加ください。

 

日時:2015年12月12日(土)13:30~17:00

場所:大阪大学中之島センター事務室  講義室20

 

<プログラム>

受付開始 13:30~

個別報告 14:00~14:45

         「I..ブルネルと南ウェールズの鉄道」

                                         報告者 梶本元信氏

休憩    14:45~15:00

講演    15:00~16:40

 「ギラルドゥス・カンブレンシスと「ブレコン大助祭問題」」

                                                 講演者 永井一郎氏

 

総会    16:40~17:00

懇親会   18:00~

        大阪・梅田「シャーロック・ホームズ」にて

        関西ウェールズ会と合同のクリスマスパーティー

 

===================

 

例会への参加ご希望の方は、125日(土)までに

日本カムリ学会 まで

お名前と連絡先を明記の上、お申込みください。

 



英国初の日本人町会議員・島崎晃さん講演会








カーディガンの町会議員になられた

島崎晃さんの講演会が、

京都大学の大学祭内で行われます。

 

大学祭ですので、模擬店や他のイベントなども

お楽しみいただけます。

 

ご都合がつかれる方はぜひお越しください。

Lecture on Wales in Kyoto








There will be a lecture on Wales at Kyoto University by the first Japanese town councilor in the U.K.

Title: "Celts, the nationalist movement and the culture of Wales"
Date & Time: Sun., 22nd Nov. from 13:00 to 14:30
Venue : Kyoto University, Faculty of Letters East Bldg. 1F  "Bunpika" room
Admission: Free 
Reservation: Not required
    * DVDs and panels on Wales are also shown at the room from 11:00 to 16:00
    * The lecture is conducted in Japanese and is held as an event of the university's 
        November Festival


For further information and direction, please refer to the attached flyer.



Wales First Minister Visits Japan, Sept 7th - 11, 2015


The Welsh First Minister, Carwyn Jones is visiting Japan from September 7th for five days. During his trip he will visit a number of companies with businesses interests in Wales and attend an event at the British Embassy to promote Welsh food and drink.

 

To read his speech ahead of his Japan visit see the Welsh Government page.

To follow his visit in Japan follow him on Twitter.


Welsh Summer Course, Aberystwyth, Summer 2015


Cwrs Dwys Haf Aberystwyth / Intensive Welsh Summer Course in Aberystwyth. 


For further information please see the website or e-mail the Centre.

Classes will run over a period of 4 weeks and will be adapted to suit each level. It is possible to join for any number of weeks. Accommodation is available, with the option of an en-suite or a non en-suite room. For prices, please contact the Centre .

 

アバリストウィス大学の夏期短期集中ウェールズ語コース 

詳細はこちらをご覧いただくか、コースの担当部署に英文メールでお問い合わせください。

 

83~28日までの4週間ですが、1週間から4週間まで希望のコース期間が選べます。

授業も各レベルに合わせた内容で行われます。

宿泊付/宿泊なしが選べ、宿泊付の場合はバス・トイレ付/バス・トイレ共用の部屋が選べます。

それぞれの料金についても担当部署お問い合わせください。

 

Cwrs Dwys Haf Aberystwyth. Os hoffech mwy o fanylion am y Cwrs, ewch i’r wefan 

neu e-bostiwch y Ganolfan .

Mae yna ddosbarth yn rhedeg ar gyfer bob lefel am y 4 wythnos a does ddim rhaid i chi fynychu am y 4 wythnos cyfan.

Mae llety hefyd ar gael gyda opsiwn o lety en-suite ac heb en-suite. Am brisiau, cysylltwch â’r Ganolfan.


Trade Mission to Tokyo, Japan, May 30th - June 6th 2015 


The Welsh Government is providing an opportunity for Welsh businesses to participate in a trade mission to Tokyo, Japan, with a vision to increase Welsh exports to Tokyo and the wider Japanese market. 


Read the full report. 


A Dictionary of British Culture

イギリス文化辞典


A Dictionary of British Culture "IGIRISU BUNKA JITEN" (in Japanese), published by Maruzen.

 

The book is made up of 15 chapters, which looks at various aspects of Welsh culture and traditions, including Welsh society, literature, poetry, drama, film, music, art, education, sports, and history. Many members from St. David’s Society, Japan and the Academic Society of Welsh Studies in Japan contributed their work to the book. You are sure to find many familiar names among the authors.

 

It also looks at the other regions in the United Kingdom: England, Scotland and Northern Ireland, with a total of 389 topics covering a range of topics on British culture. The book is divided into sections making it an easy book to either read from cover to cover or just to dip into.

Price: 20,000 yen plus consumption tax.

Happy reading!


 このたび丸善出版から、英国の魅力を余さず伝える『イギリス文化辞典が発刊されました。

 

「社会」「物語・小説」「詩」「演劇」「映画」「音楽」「絵画・彫刻・建築」

「教育・スポーツ」「哲学・思想」「歴史・王室」「日英関係」という章立てに加え、

「スコットランド」「ウェールズ」「北アイルランド」に関しても独立した章で紹介。

総計389項目を各見開き2ページで完結させているため、読みやすく、

どこを開いても興味深く読め、楽しめる内容になっています。

A5版のハンディサイズです。

 

特筆すべきは、「ウェールズ」の章の執筆陣。

当日本ウェールズ協会や日本カムリ学会のメンバーが、

専門家としてお名前を連ねていらっしゃいます。

 

「イギリス文化辞典」とイギリスというワードが使用されていることは

はなはだ不満ではありますが、ウェールズ、スコットランド、

北アイルランドに関しても それぞれの独自の民族性、歴史、文化、慣習、言語などを

網羅した辞典は 他に例を見ないものでしょう。

 

価格は税別2万円と高額ではありますが、英国通になれる1冊です。

ぜひ、本屋さんでお確かめの上、お求めください。 


Short Modern Welsh Stories in Japanese / 20世紀ウェールズ短編集


Short Modern Welsh Stories in Japanese, translated by Kuniko Fujisawa, a CDS member.

Mrs. Fujisawa is a professional translator who holds Welsh literature deer to her heart. In her new website she introduces short modern Welsh stories from the 20th century to Japanese readers.

 

Mrs. Fujisawa gained copyright permission directly from the authors, copyright holders and other agents to publish this work. As a result of the Welsh Literature Exchange’s corporation and encouragement her ‘Hiraeth’ to Wales was able to be realized.

 

The stories are written in Japanese. Please feel free to share them with others who may be interested in Welsh culture. More stories will appear on the site in the summer.

 

Happy reading!

 

CDS会員でいらっしゃる藤沢邦子さんが訳された20世紀ウェールズ短編をご案内します。

 

藤沢さんは高い評価を受けている翻訳家でいらして、現代ウェールズ社会を反映す20世紀のウェールズの短編を日本に読者に紹介したいという思いを長らく温めてこられました。

 

著作権が切れている作品以外の翻訳許諾は、作者、その家族などの著作権保持者、または著作権代理人から直接得たものです。その交渉では、Welsh Literature Exchangeに多大の協力と応援をいただき、ウェールズへの想いが実現しました。

 

夏には新作も追加される予定です。


ごゆっくりお楽しみください。 


英国初の日本人市会議員


20125月の英国統一地方選挙でウェールズ愛国党から出馬し、

見事カーディガンの市会議員になられた島崎晃さんのインタビュー記事が

ロンドンの日系誌に掲載されました。

 

下記のPDF文書を開いてお読みください。 

Download
ページ1
Jack1.pdf
Adobe Acrobat Document 2.1 MB
Download
ページ2
Jack2.pdf
Adobe Acrobat Document 2.3 MB

ギラルダス・カンブレンシスの本が出版!


ウェールズ人のヒーローの一人、

 ギラルダス・カンブレンシス(ウェールズのジェラルド)に

関する本が出版されました!

研究書以外では、ギラルダスを紹介した初めての一般書でしょう。

著者の桜井俊彰さんはCDSメンバーのお一人です。

 

 

 

『イングランド王国と戦った男 

          ~ジェラルド・オブ・ウェールズの時代』 

 

 吉川弘文館 歴史文化ライブラリー350

   ISBN 9784642057509

   \1,700+税金

 

12世紀の英国史、ギラルダスとは何者だったのか、  

彼が獲得し、また敗北したものは何か、

いかにして彼はウェールズ人になったのか、

そしてなにより、 この希代の人物に寄せる桜井さんの親愛の情が理解できます。


ぜひ、お求めください!アマゾンでも送料無料でお買いいただけます。

 


Book on Gerald of Wales published!


A book about Gerald of Wales, Giraldus Cambrensis, has just been published! This is most likely the first general interest book, other than academic work, to introduce this Welsh hero to a general Japanese audience. The author, Mr. Toshiaki Sakurai, is one of our CDS members.

"England Okoku to Tatakatta Otoko  

                   -- Gerald of Wales no Jidai"
 

 Yoshikawa Koubunkan Rekishi Bunka Library 350 

 ISBN 9784642057509
 \1,700+consumption tax


About British history in the 12th century, specifically, who Giraldus was, what he won and lost, how he became Welsh, and Mr. Sakurai's affection toward this extraordinary man.

You can buy a copy on Amazon JP.



『ケルトを旅する52章』出版のご案内



東京CDSのメンバーであり、日本カムリ学会の会員でもある永田喜文さんが

長年、最も手をかけ、かつ、最も出したかった本が、このほど出版されました!

 

題名の通り、これ1冊で、現代に生きる英国内のケルト文化を知ることができ、

歴史にふれながら、アイルランド、スコットランド、ウェールズの

それぞれの国民性も理解することができます。

 

前半は音楽を通じて紹介されているので、CDを買われる際のアドバイスにもなり、

後半は永田さんが実際に現地に赴かれて書かれているので、

充実したガイドブックにもなっています。

 

旅行前の情報収集の仕方、レンタカーの借り方や英国内を運転するときの

地図の紹介など、具体的なお役立ち情報も満載です。

 

ご本人の弁:

「全6部構成で、最初の3部でアイルランド、ウェールズ、

スコットランドのいわゆるケルト音楽を読み解きます。

後半3部は、ケルトの遺跡などを巡る旅です。

前半には、170枚以上にもおよぶケルトCDガイド付き。

後半には、豊富な写真(全て私が撮影しました)をご用意いたしました。

読んでいて、音を聴きたくなる”“実際に行ってみたくなる本です。」

『ケルトを旅する52――イギリス・アイルランド』
 (エリアスタディーズ 94)
 永田喜文【著】
 出版 : 明石書店 20120115日発売
 定価:2000+税円
 ISBN 978-4-7503-3522-3


"A Journey to Celtic Britain and Ireland"


Mr. Yoshifumi Nagata, is a CDS member, who recently published a guide book on the UK.

 

"A Journey to Celtic Britain and Ireland (52 chapters)"

  By Yoshifumi Nagata

  Published by Akashi-shoten

  Price: 2000+tex yen

  ISBN: 978-4-7503-3522-3

 

  Amazon.co.jp

A wonderful guidebook about Wales, Ireland, Scotland, Manx and other Celtic regions in England looking at their music, legends and historical sites.

Includes a 174 Celtic music disk, guides and beautiful photos (taken by the author). Written in Japanese.


New Welsh Textbook in Japanese 

『ウェールズ語の基本』


Do you have any Japanese friends who would like to learn Welsh?

If so, there is a new and wonderful and textbook available. It is very user-friendly and written in JAPANESE and WELSH! 

 

"Ue-ruzu Go no Kihon"( The basics of the Welsh language)  written by Yoshifumi Nagata & Takeshi Koike

 

This textbook is for complete beginners, and each Welsh word has katakana underneath, making it easy to pronounce everything! 

Grammatical explanations are in Japanese and there is an extensive list of vocabulary (including daily words and place names). It's easy to learn the Welsh language from the very beginning, step by step. There is also an audio data to help you practice the Welsh pronunciation, which can be downloaded from the above website.  


If you have any Japanese friends who wish to learn Welsh, pass this information on!


日本カムリ学会(「カムリ」とはウェールズ語でウェールズのことです)の

小池剛史さんと永田喜文さんが共著で、日本語によるウェールズ語の入門テキスト
『ウェールズ語の基本 ~入門から会話まで』を出版されました。

 

文法的な説明が日本語でされており、すべての例文に発音のカナ書きも添えられています。

巻末には教本中で使われた単語の語彙集もあり、そこには発音記号も載っています。

地名のカナ表記集もあります。これも、さまざまな場面で便利でしょう。

学習法としては、基本を丁寧に細かく順を追って勉強できます。
豊富な例文と練習問題で、まじめにやっていれば、 基礎がしっかりと身につくはずです。 

ウェールズ語にご興味のある方、ぜひ、お求めください!
大体どのオンラインショップでも送料無料で購入できるようです。

別売の音声ファイルも用意されています。詳細は上記題名をクリックしてください。


『イングランド王国前史―アングロサクソン七王国物語』


東京CDSメンバーの桜井俊彰さんが、吉川弘文館発行の「歴史文化ライブラリー」シリーズの一冊として

『イングランド王国前史アングロサクソン七王国物語』という本を出版されました。

イングランドの地に興ったアングロサクソンの各王国の相克の歴史の合間から、ブリトン人、

すなわち現ウェールズ人の祖先たちの歴史も見ることができる一冊です。
書店やオンラインでも購入できますので、ぜひお読みください。

『イングランド王国前史アングロサクソン七王国物語』


<<<以下桜井さんからのメッセージです。>>>

この本の内容は、ローマがブリテン島から撤退した後、六世紀後半から十世紀初めにかけて成立したアングロサクソンの七王国(ヘプターキー)をテーマにしたものであり、ケント、イーストアングリア、ノーサンブリア、マーシア、ウェセックスの各王国をそれぞれ章を立てて、その成り立ちや、王国間の戦い、英雄譚を紹介したものです。わが国で出されている英国史の書物は、現状ではそのほとんどがノルマンの征服以降のものであり、この時代の一般向けの書物としては、本書は日本初となります。手前味噌になりますが、読みやすくかつ面白いと、いま結構評判になっています。

桜井俊彰


Love from Wales -イギリス・ウェールズの生き方-」電子版

E-Book “Love from Wales”


Hayase Yamagishi, a Cardiff University graduate, has created an E-bookversion of her art exhibition, ‘Love from Wales’, which was held last June. It is now FREE to download. Ms. Yamagishi says, “I made this e-book to let more people know about Wales, I would appreciate it if you could spread this e-book via e-mail, Facebook or Twitter!”

 

Love from Wales (E-book)


カーディフ大学卒業生で、東京CDS会員の山岸早瀬さんが開催された

絵と詩の個展Love from Wales-イギリス・ウェールズの生き方」の作品集が

電子書籍になりました。ぜひダウンロード下さい。(閲覧・ダウンロード無料)

 

電子書籍版Love from Wales ―イギリス・ウェールズの生き方

 

 

【山岸さんよりお願い】

この個展および電子書籍は、お世話になったウェールズの皆さんへの感謝と、

日本および世界の人に、もっとウェールズのことを知って欲しいという

強い想いを込めて作りました。

そこで皆さんにお願いですが、ぜひ上記のページ末のTwitterなどのソ

ーシャルメディアのボタンで、周りの方にもお伝えいただければ幸いです。

 

コメント欄にみなさんのご感想もお待ちしています。よろしくお願いします。